ホーム > Q&A > ホワイトニングが困難なケースを教えてください。

Question

ホワイトニングが困難なケースを教えてください。

Answer

いくつかありますので、以下を参照してください。

1.エナメル質や象牙質が形成不全の歯

痛みの原因になったり、白く目立ってしまう場合があります。

2.深い亀裂やむし歯の穴の開いた歯

痛みの起きるおそれがあり、事前に治療が必要です。

3.被せ物や詰め物には効きません

天然歯との色調の調和については歯科医師と相談を。

4.金属により変色が起きている歯

無機物による変色にはホワイトニングは効きません。

 

ヒビ

ヒビは知覚過敏の原因に!

ヒビの状態によっては、知覚過敏抑制剤を歯に塗るなどしてからホワイトニングを行います。

バンディング

縞状に白くなり目立ちます

ホワイトスポット(エナメル質形成不全症)

白さが際立ち目立ちます

部分的に歯のきめが粗いために、そこだけ薬剤が早く浸透し、ホワイトニング効果が強く現れます。ホワイトニングを重ねるうちに周りも白くなり目立たなくなっていきますが、いくらかムラが残ることもあります。

 

※参考書籍 「nico 2015.10 クインテッセンス出版株式会社」

加藤歯科の審美治療

豆知識

オールセラミック

ラミネートベニア

ホワイトニング

歯肉ピーリング

アクセスマップ

無料メール相談

CEREC AC

加藤歯科の最新技術