ホーム > Q&A > ホワイトニングを避けた方がよいケースを教えてください。

Question

ホワイトニングを避けた方がよいケースを教えてください。

Answer

  1. 重度の知覚過敏症の方
  2. 無カタラーゼ症の方
  3. 妊産婦や授乳中の方
  4. お子さんや若年者
  5. 重篤な呼吸器疾患の方
     (ホームホワイトニングは可能)
  6. 光線過敏症の方
    (光を照射しないホワイトニング〈主にホームホワイトニング〉は可能)

 

※参考書籍 「nico 2015.10 クインテッセンス出版株式会社」

加藤歯科の審美治療

豆知識

オールセラミック

ラミネートベニア

ホワイトニング

歯肉ピーリング

アクセスマップ

無料メール相談

CEREC AC

加藤歯科の最新技術