ホーム > Q&A > ラミネートベニア法とはなんですか?

Question

ラミネートベニア法とはなんですか?

Answer

の表面を最小限削り、そこへセラミックで作った薄いシェルを接着して、歯の色や形を理想的に変える審美治療のことです。
変色歯の表面を白くするために生まれた方法ですが、近年は接着技術の進歩により、セラミックが強力に接着するようになったため、適応症が広がり、欠けたやむし歯治療にともなう審美治療などにも使われるようになっています。
を削る量が少なく、審美的な効果が高いため、ことに健康なの審美治療の際、歯質をより保存できる方法として注目されています。

※参考書籍 「nico 2008.6 クインテッセンス出版株式会社」

加藤歯科の審美治療

豆知識

オールセラミック

ラミネートベニア

ホワイトニング

歯肉ピーリング

アクセスマップ

無料メール相談

CEREC AC

加藤歯科の最新技術