ホーム > Q&A > オールセラミッククラウンを入れる場合の流れは?

Question

オールセラミッククラウンを入れる場合の流れは?

Answer

必要な場合はまずむし歯の治療歯周病治療(歯の周りを健康に整える)から始めます。
状態によっては歯の神経を取り、経過の良くないものは再治療をします。
健全な口腔内状態を整えてから、オールセラミッククラウンを入れる治療に移ります。

治療の流れ

1.土台(歯の補強・維持)
2.削る・仮歯
3.型取り・色の確認
4.試適(適合や形態・咬み合わせ等の確認・修正)
5.完成・セット

加藤歯科の審美治療

豆知識

オールセラミック

ラミネートベニア

ホワイトニング

歯肉ピーリング

アクセスマップ

無料メール相談

CEREC AC

加藤歯科の最新技術