ホーム > Q&A > 銀歯とセラミックの違いって何?

Question

銀歯とセラミックの違いって何?

Answer

詰めもの・被せものに使われる金属(銀歯)は、プラークが付着しやすく、金属アレルギーを起こす可能性があります。見た目の問題もありますし、化学的に作用して変色・変質します。異なる金属がある場合は「電池」として作用し体に微弱な電流が発生することがあります。

セラミックはプラークが付着しにくく、金属アレルギーを起こしません。審美的にも大変優れており、白い透明感で天然歯と自然な感じに調和します。変色もしません。

このように銀歯と比べるとセラミックは優位性が多くあります。唯一のデメリットは自費診療となりますので、窓口負担が高額になることです。

加藤歯科の審美治療

豆知識

オールセラミック

ラミネートベニア

ホワイトニング

歯肉ピーリング

アクセスマップ

無料メール相談

CEREC AC

加藤歯科の最新技術