ホーム > Q&A > オールセラミックとメタルセラミックの違いはなんですか?

Question

オールセラミックとメタルセラミックの違いはなんですか?

Answer

オールセラミックは金属を使わず全てセラミックで作り上げた物です。
メタルセラミックはメタルボンドとも呼ばれていますが、内部に金属を使ってそこにセラミックを焼き付けた構造になっていて昔から使われてきました。一般に保険のきかない白い歯といえばこのメタルセラミックになります。金属は質の良いものでも微弱な電流が流れることやアレルギーの原因となることなど体への影響を考えて、できれば避けるのが望ましいとされています。
ただしブリッジ(歯のないところに固定で歯をいれる方法)や弱った歯で連結が必要なケースで、つなぐ本数が多いものでは強度の点でオールセラミックは不可となります。

両者には構造による特性、治療方法などの違いがあります。

オールセラミック メタルセラミック
光の透過性 透明感が優れており、自然な感じが得られる。 土台の歯や歯肉に黒ずみが発生する。
被せ物の境目の位置 歯周組織に優しい。
メンテナンスしやすい。
歯ぐきの中に入れるため歯周組織を傷める。
手入れが不十分だと、再度入れ直す可能性がある。
歯質削除量 少ない。 多い。

 

加藤歯科の審美治療

豆知識

オールセラミック

ラミネートベニア

ホワイトニング

歯肉ピーリング

アクセスマップ

無料メール相談

CEREC AC

加藤歯科の最新技術