ホーム > Q&A > 薬が免疫を低下させるというのは本当ですか?

Question

薬が免疫を低下させるというのは本当ですか?

Answer

症状の多くは免疫力の治癒反応。薬で症状を抑えてもトラブルの原因が取り除かれたわけではなく、根本解決にはなりません。それどころか、免疫が排除しようとしている異物を体内にとどめてしまいます。しかも鎮痛剤・解熱剤・消炎剤・睡眠薬などは症状を緩和させる一方、免疫力を低下させてしまう副作用があります。その結果、症状が一時的に緩和してもすぐに再発。免疫力の低下で症状はさらに悪化し、体に薬の耐性もでき、より多くの薬が必要になる悪循環に陥ります。

私たちの体には、どんな治療薬よりもすぐれた免疫システムがあり、免疫力が高まればほとんどの病気は改善に向かいます。そんな免疫力が働いているからこその症状であることを理解して、薬は上手に使うようにしましょう。

 

薬の飲みすぎが症状を悪化させることも!

発熱・痛み・かゆみなど

鎮痛剤・解熱剤・かゆみ止めなどの薬を飲む

一時的に症状は治まるが、薬が交感神経を刺激

交感神経優位で血行障害などに。しかも、症状の根本原因は解決せず。

症状が悪化

 

※参考書籍
 「安保徹の食べる免疫力」  安保 徹 監修 世界文化社

加藤歯科の審美治療

豆知識

オールセラミック

ラミネートベニア

ホワイトニング

歯肉ピーリング

アクセスマップ

無料メール相談

CEREC AC

加藤歯科の最新技術