ホーム > Q&A > 免疫力の低下によって起きる病気とは?

Question

免疫力の低下によって起きる病気とは?

Answer

具体的な病名をあげれば、がん、胃潰瘍などの腫瘍性疾患、糖尿病、痛風、甲状腺機能障害、急性肺炎、虫垂炎、化膿性扁桃炎、口内炎、ニキビ、肌あれ、しみ、しわ、動脈硬化。また、血行障害による心筋梗塞や高血圧、肩こり、腰痛、神経痛、関節リウマチ、排泄・分泌機能の低下による便秘などもそうです。すべての病気が、免疫のトラブルによって起きるといっても過言ではありません。

しかも、免疫力が低下していると治癒力が働かず、病気が治りにくくなります。さらに、交感神経の緊張による作用でいらいらや不眠なども起き、精神的なトラブルも大きな問題になってきます。

 

※参考書籍
 「安保徹の食べる免疫力」  安保 徹 監修 世界文化社

加藤歯科の審美治療

豆知識

オールセラミック

ラミネートベニア

ホワイトニング

歯肉ピーリング

アクセスマップ

無料メール相談

CEREC AC

加藤歯科の最新技術