ホーム > 治療メニュー > メタルボンド

メタルボンド

オールセラミックの脆い欠点をカバーするのがメタルボンド(陶材焼付金属冠)です。強度を増すために内面に金属を使用し、その上から(外面)セラミックを焼き付けて作製するかぶせ物です。金属の影響で審美性はオールセラミックより劣ったり、アレルギーのリスクはあったりしますが、壊れにくく十分な美しさをもっているのが特徴です。

・金属部分(メタルフレーム)の画像(準備中)

・セラミックを焼き付けた後の画像(準備中)

→メタルボンドの症例を見る

メタルボンドをおすすめするケース

1.噛むときに大きい負荷がかかりやすく、外から見えにくい奥歯

オールセラミックでは欠けてしまう場合に有効です。

 

2.美しさが求められる前歯

保険のレジン前装冠は使い続けると変色してきます。何度も治療を繰り返すとボロボロになってしまいます。美しさが求められる前歯には、むし歯・歯周病にもなりにくいメタルボンドをおすすめします。

 

3.部分入れ歯のバネをかける歯

部分入れ歯を入れるためには、バネをかける歯が必要です。しかし、その歯がずれていたり、傾いていたりすると入れ歯の装着が困難だったり、不安定になったりするケースがあります。そのような場合、バネをかける歯をメタルボンドにすることで、「カチッ」としっかり固定でき、安定する入れ歯を作ることができます。

加藤歯科の審美治療

豆知識

オールセラミック

ラミネートベニア

ホワイトニング

歯肉ピーリング

アクセスマップ

無料メール相談

CEREC AC

加藤歯科の最新技術