ホーム > 豆知識 > 素材の違い

素材の違い

かぶせ物・つめ物の治療に使用する素材

セラミック
お皿に使う陶材を歯科用に加工したもので、色が白く大変美しく仕上がります。

ゴールド
多少目立ちますが、とても適合がよく、むし歯が再発しにくい素材です。

銀歯
健康保険が適用できます。むし歯の再発や金属アレルギーの危険性が高くなります。

3つの素材なにが違う?
~セラミック・ゴールド・銀歯~

1.白くて自然な美しさ ~誰にも気付かれない白さ。セラミック!!~
大きく口を開けて笑うとついつい見えてしまうのが銀歯。
その点、セラミックは白くて自然の歯のように美しく、周りの人に気づかれることもほとんどありません。

オールセラミック ハイブリッドレジン 銀歯
オールセラミック(セレック) ハイブリッドレジン(CAD/CAM) 保険の銀歯
◎色が白い
◎透明感がある
◎CAD/CAM冠より丈夫
◎プラークが付きにくい
◎変色しない
×窓口負担が高額
◎色が白い
×透明感は無い
×長期間の使用で変色する
×割れやすい、すり減りやすい
×プラークが付きやすい
×色調が単調
×窓口負担がやや高額
◎強度に優れている
×見た目が悪い
×長期間の使用で変色する
×歯ぐきが変色する恐れがある
×金属アレルギーの恐れがある
×プラークが付きやすい
オールセラミック
オールセラミック(セレック)
◎色が白い
◎透明感がある
◎CAD/CAM冠より丈夫
◎プラークが付きにくい
◎変色しない
×窓口負担が高額
ハイブリッドレジン
ハイブリッドレジン(CAD/CAM)
◎色が白い
×透明感は無い
×長期間の使用で変色する
×割れやすい、すり減りやすい
×プラークが付きやすい
×色調が単調
×窓口負担がやや高額
銀歯
保険の銀歯
◎強度に優れている
×見た目が悪い
×長期間の使用で変色する
×歯ぐきが変色する恐れがある
×金属アレルギーの恐れがある
×プラークが付きやすい

2.耐久性 ~丈夫さならゴールド・メタルボンド!!~
素材によって、使用できる年数に違いが出ることも。
中でも、ゴールド丈夫さNo.1
また、耐久性と美しさの両方を求められる方には、金属にセラミックを焼き付けたメタルボンドもおすすめです。

オールセラミック ゴールド
オールセラミック(かぶせ物) 金歯(かぶせ物)
メタルボンド 銀歯
メタルボンド(かぶせ物) 銀歯(かぶせ物)

※耐久性は使用状況によっても異なります

3.金属アレルギー ~オールセラミック・ゴールドなら安心!!~
歯科用の金属は少しずつ溶け出して、金属アレルギーの原因になることも。
オールセラミックなら金属を一切使っていないので安心。
また、ゴールドも金属アレルギーになりにくい素材です。

強い酸に数分間つけた結果・・・
ゴールド 銀歯
酸処理後のゴールドの変色1 酸処理後の銀歯の変色1
酸処理後のゴールドの変色2 酸処理後の銀歯の変色2

ゴールドは酸に溶けにくく、ほとんど変化がありません。
一方、銀歯は金属イオンが溶け出し、真っ黒に変化します。

※お口の中でここまで酸化することはありません

・金属アレルギーについて詳しく知りたい方は豆知識をご覧ください。
→豆知識 「金属アレルギー」

4.むし歯再発のリスク ~2次むし歯になりにくいゴールド~
つめ物は、歯との隙間にプラークがたまりやすく、
むし歯が再発することも。(2次むし歯)
このリスクが最も少ないのがゴールド。適度なやわらかさがあり、隙間もピッタリ。
銀歯は長年の使用で隙間ができてしまうことも。。。

ゴールド 銀歯
ゴールドの詰め物 隙間 銀歯の詰め物 隙間

※隙間のでき方には、個人差があります。

 

加藤歯科の審美治療

豆知識

オールセラミック

ラミネートベニア

ホワイトニング

歯肉ピーリング

アクセスマップ

無料メール相談

CEREC AC

加藤歯科の最新技術